協会ホームページTOP

  コンタクトレンズ(以下コンタクトと略)は、眼に直接装用して視力を矯正します。メガネと違ってコンタクトは眼球と一緒に動くので自然な状態でものを見る
 ことが出来ます。また、コンタクトは涙にいつも濡れているため汚れなければ曇ることもありません。医学的には、強い近視・遠視・乱視や左右眼で大きな
 視力差がある場合には、特にコンタクトが適しています。

  ここでは、実際の生活シーンで「こんな時、便利」と感じるシチュエーションを考えてみます。
 コンタクトなら、洗顔時にメガネをはずす手間もなくなり、鏡に写る顔もはっきり見えるようになりました。
 コンタクトなら、冬場に熱い湯気の立つラーメンなどを食べてもくもることはありません。
 人前で、メガネを何度拭いてもすぐくもるようなこともなくなります。ごちそうや一緒にいる人の顔もよく見えるようになります。
 コンタクトなら、メガネのように鼻や耳のところに跡がついて痛くなることがありません。

 ※長時間、コンタクトをつけたまま勉強し続けると、頭や眼が疲れるだけでなく、コンタクトが乾いて(ドライアイ症状)、
   視力が落ちたり、
眼に障害が出ることがあります。時々、大きく背伸びしたり、表に出て気分転換したり、
   眼を休めることが必要です。
 マスクで息苦しいのにメガネも曇っていまい余計に落ち込んでします。コンタクトならマスクをしてもくもることはありません。

 ※花粉症や風邪等で、体調が悪い時はコンタクトも控えめにしましょう。
 おしゃれなサングラスをかけてみたい、スポーツで紫外線から眼を守るためサングラスをしたい。
 そんな方は、コンタクトをつければ、上から簡単にサングラスを使用できます。
 コンタクトにはハードレンズとソフトレンズがありますが、特にソフトコンタクトは、いろいろなスポーツに適しています。
 汗でメガネがずれたりくもったりするようなことがありません。衝撃でメガネが外れたり、ときにはボールや相手の体が顔に
 あたって
メガネが壊れたりすることを心配する必要がありません。集中してスポーツを楽しめるようになります。
 
 ※激しいスポーツ時にはハードレンズはレンズが白眼にずれたり、外れてレンズが紛失したりすることがありますので、
   ご注意ください。

                   ※ゴルフの場合、手前のゴルフボールと遠方のグリーンホールの両方を見たいのですが、最近は遠近両用のコンタクト
                     も開発されています
ので、お試しください。
 コンタクトは、お風呂場や温泉でもメガネのように曇らずよく見え、足元が見えずに転んだり、石鹸やカミソリなどを見失う
 ことも少なくなります。


 ※コンタクトをはめたまま眼にお湯や石鹸水などが入ると、眼がしみたり、コンタクトがずれて紛失してしまうことがあります
   ので、気を付けましょう。
 コンタクトなら、美容院でヘアセットしながら雑誌を見ることもできます。メガネをはずしているとかなり近づけないとよく見えませ
 んでした。
コンタクトなら雑誌だけでなく、鏡で自分のヘアスタイルもはっきりみえるようになります。

 ※シャンプーのときなどは「コンタクトです。」と一声かけることをお勧めします。
 コンタクトなら、お化粧中もはっきり鏡の顔が見えます。メガネで化粧品がとれるようなこともありません。

 ※コンタクトは化粧前にします。但し、コンタクトの種類によっては、化粧品がコンタクトに付き、取れなくなって眼に障害が出る
   ことがありますので、
その時は眼科医や販売店に良くご相談ください。
▲ページ上部へ



*