協会概要

HOME > 協会概要 > 協会のあゆみ

協会のあゆみ

                  
1958年
(昭和33年)
「コンタクトレンズ同業組合」として創設
1962年
(昭和37年)
「コンタクトレンズ同業組合」本格的活動開始
1962年
(昭和37年)
「コンタクトレンズ協会」に名称を変更
1984年
(昭和59年)
日本医療機器関係団体協議会に加盟
1993年
(平成05年)
日本コンタクトレンズ協会独立事務所を設立
1994年
(平成06年)
「日本コンタクトレンズ協会」に名称を変更
1999年
(平成11年)
「公正取引協議会コンタクトレンズ支部」が発足
2006年
(平成18年)
医療機器販売業等の販売(営業)管理者等の継続的研修を開始
眼科関係4団体(日本眼科医療機器協会、日本医用光学機器工業会、日本眼内レンズ協会、日本コンタクトレンズ協会)で、合同薬事説明会、医療機器業公正競争規約勉強会・インストラクター研修会を開始
2007年
(平成19年)
日本コンタクトレンズ協会50周年を記念し、第50回日本コンタクトレンズ学会総会時に学会と共催で「50周年記念祝賀会」を開催
2009年
(平成21年)
非視力補正用コンタクトレンズ(おしゃれ用カラーレンズ(度なし))の薬事法政令公布、薬事法規制がスタート
一般社団法人日本コンタクトレンズ協会設立
協会事務所移転(文京区本郷5-1-13 KSビル6階)
2011年
(平成23年)
東日本大震災災害対策本部会議に参加、眼科学会、眼科医会、眼科関連5団体で支援実施
2012年
(平成24年)
コンタクトレンズEDI評議会のEDI事業を協会に移管統合
2014年
(平成26年)
協会事務所移転(文京区本郷3-15-9 SWTビル8階)
2017年
(平成29年)
9月10日を「コンタクトレンズの日」に制定